健康のためにいびきと無呼吸の対策を

先日は早出勤務という事もあり5時に起床しました。
この日は母が体調が悪かった事もあり弁当は私が作りました。
その後、朝食としてトーストと目玉焼きを食べてから出勤しました。
実は私自身もこの頃睡眠が充分でないため、日中の仕事のときの
集中力が続かなくて、強い睡魔のせいで疲労がたまっていました。

職場についてからは夜勤者の引き継ぎを受けて業務を開始しました。
この日は朝食介助後からはずっと入浴業務が担当だったので身体的に疲れました。
退勤後はリフレッシュの為に接骨院に立ち寄ってから帰宅しました。
ちなみに帰宅してからは私が1人で夕食を作りました。
この日はハンバーグと豚汁とサラダを作りました。
家族にも美味しかったと好評だったので嬉しかったですが、
やっぱりとても眠くて、早めに就寝しようとベッドに入ったのですが、
こういう日に限っていびきが大きくなってしまうらしいのです。

家族から教えられて自分でも気をつけるようになったのですが、
どうやら寝ている途中でいびきが大きくなり、無呼吸症状があるようなのです。
そのせいでいつもからだがだるく、朝起きたときでも頭がぼんやりしているのは、
そのせいだったのだと、納得したのでした。ですから、先日かかりつけのお医者さんで
いびきのことを話し、無呼吸症候群になる前にナステントお試しトライアルしてみることになりました。
就寝中の呼吸を補助するので、鼻呼吸がしやすくなって、
疲れがひどい夜でも口呼吸にならず、朝までしっかりと熟睡できるので、
翌朝の疲労感がすっきり取れていることに気が付きました。

やはり睡眠をしっかりととることは健康の上で基本なんだなと思いました。
少なくともいびきをかくということは、呼吸が上気道閉塞や狭窄によって妨げられて
脳へ酸素がしっかり届かない状態で、一晩中浅い眠りしかできないので、
体や精神にとても悪い影響を及ぼしてしまうので、出来るだけ早い段階で
健康のためにいびきと無呼吸の対策をしたほうがいいようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA